比較政治研究

比較政治研究

権威主義体制下における選挙と大衆蜂起の発生

―大衆蜂起の短期的促進と長期的抑制

門屋寿  早稲田大学大学院政治学研究科博士課程、日本学術振興会特別研究員(DC2)

谷口友季子 早稲田大学大学院政治学研究科博士課程、日本貿易振興機構アジア経済研究所リサーチ・アソシエイト

要旨

冷戦の終結以降、競争的な選挙を実施する権威主義体制が増加した。このような現実を受け、選挙が権威主義体制の命運に与える効果についての実証研究が積み重ねられてきた。しかし、選挙がどのような政治現象に影響し、体制転換をもたらすのかはいまだ不透明である。本稿では、体制転換をもたらす重要なメカニズムである大衆蜂起に焦点を当て、権威主義体制下での選挙が蜂起の発生に与える効果を検証する。本稿の分析結果より、選挙の実施年に蜂起が促進される一方で、自由公正度の高い選挙の実施経験を積むほど、蜂起が抑制されることが明らかになった。この結果は、選挙が短期的に権威主義体制を不安定化させる一方で、長期的にはむしろ安定化させるという、権威主義体制の命運に与える効果を検討した研究と整合的であり、不透明であった選挙の効果のメカニズム解明に貢献している。また、本稿は、大衆蜂起という体制外アクターからの脅威に着目することで、権威主義体制下での選挙の効果についてのさらなる知見を積み上げるものである。

PDF

Elections and Popular Uprisings Under Authoritarianism: Short-term Promotion and Long-term Prevention

 

Hisashi KADOYA Ph.D. candidate, Waseda Univesity

Yukiko TANIGUCHI Ph.D candidate, Waseda University / Research associate, IDE-JETRO

abstract

Since the end of the Cold War, there has been an increase in authoritarian regime to conduct competitive elections. Many scholar has analyzed the effects of elections on the survival of authoritarian regimes empirically. However, it is still unclear how elections affect political phenomena and lead regime changes.

In this paper, we focus on popular uprising, which is an important mechanism that leads to regime changes, and examine how elections under authoritarian regimes influence on onsets of uprisings. Our result shows, while popular uprisings is promoted in election years, the more experienced elections with high free and fair, the more uprisings are restrained. This result is consistent with the previous study that examined that elections destabilize authoritarian regimes in the short term, but stabilizes them in the long run. This paper contributes to further findings about the function of elections under authoritarian regimes by focusing on the threat from external actors such as mass uprisings.

PDF